外国人とのコミュニケーションのコツ。カナダで働いて気づいた4つのポイントとは?

つい数年前まで「上司は外国人」と言うと物凄く驚かれることもありましたが、最近は都心のオフィス街で、外国人の方を目にする機会はとても増えており、職場に外国人がいることは、それほど、珍しいことではなくなっているように感じます。

これからの時代、「上司は外国人」どころか、業種によっては職場の半数は外国人とか、スカイプで世界中の拠点と定例会議、もしくは日常的に外国と英語メールでビジネスを進めている、というケースが間違いなく増えていくこと思います。

わたしもカナダで仕事をしている中で、前回の「英単語の解釈の違い」に似た経験として、会議における発言の仕方や意思決定方法の違い、上司や同僚とのコミュニケーション方法の違いに驚くことがあり、「異文化理解力 – 相手と自分の真意がわかるビジネスパーソン必須の教養(著:エリン・メイヤー)」を読んで、その違いに納得することも多かったので、私の経験も踏まえて、異文化の人とのコミュニケーションのコツをご紹介したいと思います。

北米企業の社風は本当にフラットか?

トロント着任当初に、会社の仲間とメジャーリーグを見に行った時のこと。

年齢や性別、肩書きもバラバラの10人程度で見に行ったのですが、球場に着けば、当然、ピーナッツ片手にビールでしょ、とばかりに、私がビールを買いに行こうと皆を誘うのですが、「まだビールは飲みたくないかな〜」とビール好きな仲間が意外な一言。

「なに冗談を言ってるんだよ?」と突っ込んでも真顔です。この後、会社のトップが合流したことでみんながお酒を飲まない理由がわかりました。実は上司がビールを飲むのか確認をしてから、自分たちもビールを飲みたかったのです。

わたしとしては、自分たちの意思や思いが先にあり、周囲への気遣いには無頓着なのが「北米感覚」だと思っていたので、これはとても意外でした。前述の本「異文化理解力 – 相手と自分の真意がわかるビジネスパーソン必須の教養」によると、日本は諸外国に比べて、非常に階層主義的な国と位置付けられ、ヨーロッパ各国が階層主義と平等主義的の中間から、やや階層主義的。

逆にアメリカやカナダは、より平等主義的な国に位置付けられるようですが、そのカナダですら、上記のような事件(?)が起こりますので、私のように勝手な思い込みによる北米感覚で対応していると、誤解を産むかもしれません。当たり前かもしれませんが、空気を読むのは日本人だけでは無いのです。

単語の選び方で、弱気に見えてしまう日本人

これも「異文化理解力 – 相手と自分の真意がわかるビジネスパーソン必須の教養」内の記述で、わたしとしても、自分の英単語使いで大いに同意する部分だったので、少し長くなりますが引用します。

はっきり発言する文化では言語学で言う「アップグレード」の機能を持つ言葉、ネガティブな言葉の前や後ろに付けて意味を強める言葉を使う傾向にある。たとえばabsolutely(間違いなく)、totally(まったく)、もしくはstrongly(とても)といった言葉だ。「これは間違いなく不適切だ」、あるいは「これは、まったくもってプロフェッショナルとは言えない」のように使われる。

反対に、遠回しに発言する文化では「ダウングレード」の機能を持つ言葉、批判を和らげる言葉を使う傾向にある。たとえばKind of (とも言える)、sort of (多少)、a little (少し)、a bit (やや)maybe (かもしれない)、そしてslightly (若干)と言った言葉だ。ダウングレードする人々の中には、実際に強く抱いている感情を抑えて慎重で控えめな表現をする人もいる ― たとえば「まだ解決に至っていない」と言いながら、実際は「解決には程遠い」という意味だったり、「たんなる個人的な意見です」と言いながら、実際は「この問題に関わる人なら誰しもすぐに同意するだろう」という意味だったりする。

当然、日本は「遠回しに発言する文化」の方であり、普段、英語で外国人とコミュニケーションされている方は、上記の通りダウングレードする単語に心当たりがある方も多いかと思います。

ダウングレードする言葉が悪い訳ではないと思いますが、私の経験からは、こちらの意図がはっきりと伝わりきって無いと感じることが多いですし、明確に同意や意見を示していないが故に、自分の意見がないように思われると同時に、相手の意見に同意していない、もしくは、立場関係によっては、断定的な発言をした人を小馬鹿にしたように聞こえることもあるようです。

はっきり発言する文化の人に対しては、会話だけでなく、メールでも上記のようなアップグレードする単語を使うと、よりプロフェッショナルに見られることが多いのでオススメです。

異文化の人と仕事をする際のベストなコミュニケーション方法は?

自分の勤め先が突然、外資系企業になったり、ビジネスパートナーが外国人、しかも、アジア人あり、欧米人あり、中東やアフリカの人も仕事をすることになった場合、この文化の違いや言葉遣いの違いを乗り越えて、円滑にコミュニケーションを進めていくためには、どうすれば良いのでしょうか?

エリン・メイヤー氏によると、「多文化のチームではローコンテクストなやり取りを行うこと」が重要だそうです。つまり、曖昧さをできる限り排除して、伝えたい内容を正確に伝える。

これは、なにもキツイ言い方をする、ということではなく、自分の意見に妙なニュアンスを付け加えることなく、ストレートに表現することで解消されると思います。(これは別途、書きたいと思いますが、ネガティブなことを伝える時に、言いたいことをそのまま伝える、ということではありません)。

そして、中国には「目はふたつ、耳もふたつ、でも口はひとつ。その数に応じて使いなさい」という言葉があるそうで、その通り、エリン・メイヤー氏は「異文化の人と交流する際には、いつもより多く目を使い、耳を使い、口を使うのは少なめに。話をする前に耳を傾け、行動する前に学ぼう」と言っています。

日本人は他人の話が終わるまでは自分の意見を言わない、話を遮るのは失礼である、という教育を受けているので、上記メイヤー氏のアドバイスは欧米向けのビジネスマンに向けたものと思えなくもないですが、私の経験から申し上げると、意見を聞いていることをジェスチャーや相槌などで伝えつつ、要所要所で、「私にはこのような意見があります」と一旦、議論の流れを止めてでも、ゆっくりと自信溢れる態度で発言すると、皆が真剣に耳を傾けてくれることと思います。

メールの添付ファイルは読まれないと思え!

最後に、若干、話は逸れますが、メールに関して、カナダで働いていて切実に感じるのは、本題が明確でないメールは、ほとんど読まれることはない、ということです。

主旨がわかりにくいメール、いくつもの内容が盛り込まれているメールが読まれる可能性は非常に低く、ましてや、添付ファイルなどは、よっぽどで無い限り開かれることは無い、と思われた方が良いと思います。

日本人の感覚的には「情報量が多い=親切。気遣いが溢れている」と思われるかもしれませんが、無駄なく明確なコミュニケーションを好むカナダ人は「情報量が多い → 解釈に時間がかかる → スグにポイントが分からないから、その業務は後回し」と対応しがちです。

エリン・メイヤー氏の著書内にも「iphoneの画面で一度に表示し切れないようなメールは、読まれない危険性が高い」とありますので、皆様、ご注意を。

一読をオススメします!

この「異文化理解力 – 相手と自分の真意がわかるビジネスパーソン必須の教養」には、上記以外にも、異文化コミュニケーションに関して、何が起きるか分からない人生100年時代を生き抜いていく上でヒントが多く書いてありますので、機会がありましたら、一読されることをオススメ致します。

ABOUTこの記事をかいた人

Kubo Keiichi

慶応義塾大学卒業後、電通に入社。2012年に電通のカナダ支社に駐在員として赴任。帰任命令が出たものの、カナダの教育や生活環境に惚れ込んだ為、電通を退社して、移住を決断。現在は電通のカナダ支社にInternational Development担当のVice Presidentとして勤務。